Close
  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り…
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!
  6. 60歳から65歳未満の繰り上げ支給の厚生年金(公務員の旧退職共済年金)…
  7. 外壁塗装やシロアリ対策などの住宅のメンテナンス(維持管理費)と点検時期…
  8. 離婚時の年金分割(3号分割・合意分割)の概要とシミュレーション!
  9. 日経平均株価とNYダウの暴落と債券(国債)利回りの低下と景気後退のシグ…
  10. 生命保険に入る前にちょっと待った!必要保障額をシミュレーション(エクセ…
Close

LIFE “ちえい蔵“

65歳以上の在職老齢年金(もっと働きたいし年金も貰いたい)! エクセル計算が役に立つ!

65歳を過ぎてもまだまだ働きたい! 年金も貰いたい! 在職老齢年金は働けば働くほど年金カットされるので、エクセル計算でシミュレーションしてみましょう♪
厚生年金(報酬比例部分)の月額と給与(ボーナス無しの場合)合計が46万円以内であれば、年金カットはありません。
例えば、65歳以上で厚生年金を月9万6000円貰いながら、再雇用で給料(ボーナス無し)25万円貰っていた場合、総月額が34万6000円となり、「総報酬月額相当額と厚生年金の基本月額の合計が46万円以下の場合」に該当するため、年金は全額貰えます♪

それから、夫が65歳になると、妻が65歳になるまで一定条件のもとで加給年金(38万9800円)が支給されます。例えば、妻が5歳年下の場合は5年間で200万円近い年金がプラスされます。しかし、65歳以上の在職老齢年金では、報酬比例部分が支給停止となった場合は、加給年金も全額支給停止となりますので、働き方の選択をする場合は総報酬月額相当額(給与+賞与/12)に注意が必要です♪
今回は、65歳以上の例で解説していきます。詳しくは、<在職老齢年金 65歳以上>で数値を入力して計算してみましょう♪

■65歳以上の人の在職老齢年金の算定
【条件】
・夫:昭和28年4月2日生まれ  妻:昭和35年8月3日生まれ
・65歳(2018年度)から支給される在職老齢年金の試算額
・高校卒業後、A社に入社~60歳で退職
・老齢厚生年金加入月数:480ヵ月(マックス)
・老齢基礎年金加入期間:20歳~60歳まで:480ヵ月
・平成15年3月までの平均標準報酬月額:300,000円
・平成15年4月以降の平均標準報酬月額:500,000円
・給与:25万円/月(ボーナス無し)

※65歳以上の在職老齢年金のエクセル計算です♪

エクセルデータ<在職老齢年金 65歳以上>・・・マクロは含んでいません

【加給年金】
・加給年金は夫が65歳になってから妻が65歳になるまで支給される仕組みのため、60歳から65歳までの在職老齢年金支給時は加給年金は支給停止である。
・65歳以降の在職老齢年金では、老齢厚生年金が一部でも支給される場合は、加給年金は全額支給されますが、老齢厚生年金(報酬比例部分)が全額支給停止となった場合は、加給年金も全額が支給停止となります。
H30年度価額:389,800円 子の加算:2人目まで224,300円 子の加算:3人目から74,800円

【経過的加算】
・「厚生年金を自分の物差しで計算し、ライフプランに組み込んでおこう」を参考
・60歳から65歳までの在職老齢年金は定額部分は支給停止である。
・65歳以降の在職老齢年金では、経過的加算額は全額支給される。

【総報酬月額相当額】
退職後、A会社に再就職して貰う給与と賞与合計:
総報酬月額相当額=標準報酬月額+標準賞与額×1/12

【老齢基礎年金】
老齢基礎年金は1階部分なので支給停止の対象外である。

<トップページ>

Related post

  1. 国民年金の遺族基礎年金は、そもそも子供のいない妻には支給されない…

  2. 夫婦合わせた年金300万円の「実質的な生活費」は130万円台の実…

  3. 年金から税金や社会保険料等を差し引いた可処分所得(手取り)が減っ…

  4. 遺族補償年金(労災年金)と遺族厚生年金の合計が遺族に支給! エク…

  5. 65歳以上の公務員の年金・旧退職共済年金をエクセル計算で見積ると…

  6. 国民年金の現状から学ぶ、不確実な時代の確かなライフプラン

Recommend post

  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り戻せる!
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!

連絡

※「問い合わせ」を追加しました♪

カテゴリー

最近の記事

【プロフイール】
■名前:津田 晋
■出身地:宮城県石巻市
■資格:ファイナンシャル・プランナー
■年齢:シニア
■趣味:3DCG、野菜作り、デイトレ

Return Top