Close
  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り…
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!
  6. 60歳から65歳未満の繰り上げ支給の厚生年金(公務員の旧退職共済年金)…
  7. 外壁塗装やシロアリ対策などの住宅のメンテナンス(維持管理費)と点検時期…
  8. 離婚時の年金分割(3号分割・合意分割)の概要とシミュレーション!
  9. 日経平均株価とNYダウの暴落と債券(国債)利回りの低下と景気後退のシグ…
  10. 生命保険に入る前にちょっと待った!必要保障額をシミュレーション(エクセ…
Close

LIFE “ちえい蔵“

年金生活者の国民健康保険料の負担が重い、その計算方法はどなっている?

年金生活者の収入に占める国民健康保険料の比率が半端ない。「人生100年時代」と言われる中で、食や医療制度の充実などで平均寿命も延びて、高齢者世代(65歳以上)が人口の28.1%を占めるまでになった。今回、石巻市のデータを参考に国民健康保険料をエクセル計算してみた。              

平成30年度から市町村が運営していた国保が都道府県主体の運営に切り替わった。慢性的な赤字体質改善のために、広域的なメリットを生かした財政基盤の立て直しを図っていくことになる♪
少子高齢化の進行と共に国民の社会保障負担も増加しており、当然、一人当たりの国民健康保険料も年々増加している実態(表)が見てとれます♪
今回の運営主体の見直しと、固定資産税との二重課税とも揶揄されてきた資産割の税率分が、厚労省のガイドラインに沿って廃止されたこともあって、一時的に保険料が安くなっている市町村もありますが、逆に安すぎるところは大幅な保険料アップになっているところもあるようです♪
年金生活者にとって、社会保障負担の増加は死活問題であり、特に国民健康保険料の負担は大きい。保険料の算定にあたっては、石巻市の数値を参考にエクセル計算しておりますので活用してみてください♪

<国民健康保険料の推移>

※出所:厚生労働省

 

■国民健康保険料のエクセル計算

※国民健康保険料のエクセル計算

エクセルデータ:<国民健康保険料の計算>・・・マクロは含まれておりません

<年金受給者2人世帯の場合>
・夫65歳:年金収入210万円(年金所得:90万円)
年金所得=210万円(収入)-120万円(控除額)=90万円
・妻65歳:年金収入 90万円(年金所得:0万円)
年金所得= 90万円(収入)-90万円(控除額)=0
国民健康保険税の算定に用いる課税標準額は、前年の総所得金額及び山林所得金額等の合計額から基礎控除額33万円を控除した金額です。
・夫の課税標準額=90万円(所得)-33万円(基礎控除額)=57万円
・妻の課税標準額= 0万円(所得)-33万円(基礎控除額)= 0万円
総課税標準額=57万円(夫)+0万円(妻)=57万円となります

平成30年度の国民健康保険税率・税・・・(参考:石巻市)

平成30年度国民健康保険税の算定に用いる課税標準額は平成29年中の総所得金額及び山林所得金額等の合計額から国民健康保険税の基礎控除額33万円を控除した金額です。

1.医療分
所得割>570,000円(課税標準額)×7.00%(税率)=39,900円
<均等割>23,500円(国保加入者一人当たり)×2人 = 47,000円
<平等割>25,700円(1世帯当たり)×1世帯    =25,700円
所得割+均等割+平等割=112,600円
世帯の課税対象所得が、「33万円+50万円×被保険者数以下」の場合・・・2割軽減
=33万円+50万円×2人=133万円以下>90万円(総所得金額)

〈2割軽減〉
<均等割>=47,000円×0.2=9,400円
<平等割>=25,700円×0.2=5,140円
賦課額=112,600円-9,400円-5,140円=98,060円・・・【医療分】

2.後期支援分
〈所得割〉570,000円(課税標準額)×2.40%(税率)=13,680円
〈均等割〉 5,300円(国保加入者一人当たり)×2人=10,600円
〈平等割〉 5,500円(1世帯当たり)×1世帯    =5,500円
所得割+均等割+平等割=29,780円

〈2割軽減〉
均等割=10,600円×0.2=2,120円
平等割= 5,500円×0.2=1,100円
賦課額=29,780円-2,120円-1,100円=26,560円・・・【後期支援分】

3.介護分(40歳以上65歳未満の方のみ)
65歳以上は、国民健康保険料とは別に、介護保険料を納めることになります。

4.国民健康保険料(1年分)
医療分、後期支援分、介護分を合計したものが年間の保険料になります。よって、
98,060円(医療分)+26,560円(後期支援分)=124,620円となります。

■国民健康保険料の仕組みを知ることが大事                        
内閣府のデータでは、2060年には高齢化率40%の推計値となっています。このままでは医療負担も膨れ上がり、国民健康保険料も上げざる得ない状況にありますが、加入者の殆どが年金暮らしで低収入のため保険料を上げにくい一面もあります。少子高齢化が益々進む中で、保険料の値上げや税金投入以外に道はないのですから、いずれにしても、自分達の身を削ることに変わりはありません。役所からの保険料の納付通知に従うだけではなく、自らその仕組みを知ることも必要ではないでしょうか。♪♪

<トップページ>

Related post

  1. ライフプランのイメージ

  2. アパート経営は人口減少の中で将来性はあるのか、節税対策となるのか…

  3. 収入保障保険(死亡年金)と終身保険(死亡保険金)のどちらを選択す…

  4. 一生涯の収入と支出を管理できる「キャッシュフロー」が保険の役割を…

  5. 終身医療保険や定期医療保険が必要としない時代はもっと先なので、メ…

  6. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告…

Recommend post

  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り戻せる!
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!

連絡

※「問い合わせ」を追加しました♪

カテゴリー

最近の記事

【プロフイール】
■名前:津田 晋
■出身地:宮城県石巻市
■資格:ファイナンシャル・プランナー
■年齢:シニア
■趣味:3DCG、野菜作り、デイトレ

Return Top