Close
  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り…
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!
  6. 60歳から65歳未満の繰り上げ支給の厚生年金(公務員の旧退職共済年金)…
  7. 外壁塗装やシロアリ対策などの住宅のメンテナンス(維持管理費)と点検時期…
  8. 離婚時の年金分割(3号分割・合意分割)の概要とシミュレーション!
  9. 日経平均株価とNYダウの暴落と債券(国債)利回りの低下と景気後退のシグ…
  10. 生命保険に入る前にちょっと待った!必要保障額をシミュレーション(エクセ…
Close

LIFE “ちえい蔵“

節約の運用利回り(換算)20%目標も可能では! 「節約の家計簿」はエクセルでシミュレーション!

株や債券などへの投資(資産運用)は元本割れのリスクが伴いますが、節約への投資は確実な元本保証で、やり方次第で運用利回り(換算)20%目標も可能ではと考えてしまう。目標設定した数値をクリアした場合の達成感はひとしお。楽しみながら、ケチケチ作戦も悪くない♪
特に食糧費は家計支出の3割を占めるため家計への負担が大きい。「節約の家計簿」をエクセルで作成してみましたので目標設定してチャレンジは如何ですか。また、食糧費以外に、光熱水費や相続支出などについても簡単に書き込みしましたので参考にしてください♪

■食糧費の節約

  • 支出に占める食糧費の割合は30%前後が一般的ですが、節約の目標設定値は、キャッシュフロー項目の全体的なバランスを家族で協議して優先順位を付けて決めるべきです。
  • 例題のキャッシュフローの日常生活費(食費・光熱水費)では、39年間で約5000万円ですが、例えば、生涯にわたり20%を切り詰めた場合、5000万円×20%=1000万円の節約になります。
  • 資産運用で20%の運用利回りを出すことは容易ではありません。節約が楽しくなるような方法を考えることです。例えば、目標を設定(5%➔7%➔10%)して5%を達成したら次は7%に設定するなど、その年に目標が達成した場合は、次の目標を少し高く設定する。家族で協議して、達成できそうな数値目標を設定することが成功のカギです。
  • これからはフードバンクが育ってきます。例えば、スーパーで販売されている賞味期限切れ近い食材や、農家で育てた野菜等が余ったものは、一部は廃棄されていたものがフードバンクの活用で、低所得者へ無償や低価格で提供できるため全国に広がってほしいですね。
  • 家計支出に占める食糧費が高い方は、「節約の家計簿」で節約にチャレンジするとよいでしょう。
  • 農家の知り合いを作ることで季節野菜が貰える。
  • これからの日本、人口減少と高齢化に伴い農家のコメ余りが多くなってくる。と言うのも、小規模農家は農業法人や大規模農家に米作りを委託しており、その収穫した米の約8割前後が委託金の代わりに米で委託者に支払われ、残りの1割前後がお金または米で戻ってくる仕組みとなっている。例えば、水田10枚×(1.0俵~1.5俵/1反:1000㎡)=10俵~15俵が相場である。1世帯あたりの家族が減ってきて、高齢化でコメの消費量が減ってくるため余ってくる。日本全体のコメ余りが来る。ネットで安く買える時代です。

<例:家計支出の内訳>

※例:家計支出の内訳

 

例:<節約のための食糧費の家計簿>・・・ざっくりした作り込みです♪

※「節約の家計簿」はエクセル計算で!

エクセル<節約のための食糧費の家計簿

■水道料金の節約

  • 水洗トイレのタンクに1リットルのペットボトル(水入れ)を2本固定しておくだけで、約500円/月×12月×30年=18万円・・・水漏れに注意
  • 風呂の残り湯を洗濯に使う。最後のすすぎ洗いは水道水で流す
  • 風呂の水を毎日取り替える世帯もあれば、2日に1回とか、3日に1回とかの世帯もあると思います。毎月の水道料金に跳ね返ってきますし、衛生上の問題もありますので工夫が求められます。・・・いわゆる雑菌が繁殖しない工夫をすることです。
  • 毎日、お風呂で体を洗うために使用する固形石鹸や液体ボディソープ、花王石鹸と牛乳石鹸の泡立ちが相当違います。その泡を浴槽のお湯やシャワーで洗い流すために月当たりの燃料代と水道代が馬鹿にならないと思う方は、実際に双方の石鹸を1個づつ購入して確認してみては如何でしょうか。

■電気料金の節約

  • (例):契約アンペア(40A)⇒ 30アンペアに変更・・・東北電力に相談して妥当なアンペアに切り替えた。・・・⇒約1000円/月×12月×30年=36万円
  • 居間、お風呂の照明を常に必要とするところを、LED照明に切り替えた。初期投資は高いが、寿命が長い、電気料金が安いので、長期的にはメリットが大きい。一般的に普及しているので省略

■電話料金の節約

  • 固定電話(光):8万円/年×30年=240万円
  • 携帯電話:13万円/年(最低)×30年=390万円~720万円
  •   合計:630万円~960万円・・・(二人世帯の例)
  • 年金生活でスマホ・携帯電話が必需品でない場合は、固定電話だけで相当な節約が可能であり、長期的なキャッシュフローからしか見えない数字です。いわゆる30年間で1000万円近い通信料に対する費用対効果を考えることで優先順位が決まります。

■子供の教育費

  • 子供に係る教育費は、一人約1000万円ほど掛かると言われています
  • 私立より公立、学習塾より独学で、お金が掛からないクラブ、奨学金制度の活用など
  • 老後資金が枯渇しないような教育費の掛けかたは、ライフプランの作成とキャッシュフローの中で見極めること

■子への支援

  • 結婚資金や住宅資金への支援は高額となるので、一生涯のライフプランを作成した後(事前に作成)にしないと自分の老後破産につながる恐れがあります。
  • 子供は自分で生活設計を立てて自立していくものだと考えること。子供への支援は身の丈にあったものにすること。

■生命・医療保険の見直しによる節約

  • 収入に見合った保険料の負担を優先すること・・・保険料は収入の3~5%程度が目安と言われています
  • 年齢に見合った保険内容の見直しを検討・・・(子が独立した場合、基本的に死亡保障は必要ないと考えること)
  • 若い人は、最新の保険商品の情報を得ること。・・・収入保障保険、就業不能保険など
  • 予定利率(0.25%)が史上最低レベルまで下がった現在、貯蓄性のある商品はないと考えること
  • 高額療養費や高額介護サービス費の制度があることを認識すること。・・・⇒私の知り合いで、人工股関節の手術で、医療費が約180万円掛かったが、高額療養費制度の活用で、35,400円の自己負担で済んだ例もあります。
  • ライフプランの作成で資金に余裕がある世帯は、保険に加入しない選択もある。

■住宅ローン

  • 住宅購入のための住宅ローンを組んでいる方は、必要に応じて「繰上げ返済」や「借換え」を検討すること。銀行で詳しく教えてくれる。但し、借換えをする場合に手数料、収入印紙代、保証料、登録免許税等の諸費用が発生するため、借り換えるメリットがあるかどうかを確認する必要があります。

<一般的な目安>

  • 住宅ローンの金利差が1%以上
  • 残りの返済期間が10年以上
  • ローン残高1000万円以上
  • 住宅ローンを組む場合は、年収の25%以内が目安とされていますが、ライフプランとキャッシュフローの作成で見極めること。キャッシュフローの収支に余裕がない場合や、様々な要因で支払いが滞るリスクがあることも念頭にいれること。
  • 年収500万円×25%=125万円   125万円÷12ヵ月=10.5万円/月

■医療費

  • 高額療養費制度などの仕組みを理解すること
  • ジェネリック薬品を使うなど
  • 高齢者は特に運動不足に成りがちなので、できれば野菜作りなどで汗をかくとよい。運動と無農薬の野菜自給は健康寿命にも繋がる

■介護費

  • 介護費用は家族が負担するのではなく、介護費者本人の年金から支払うことを基本とすべ
  • 平均的な介護月数(約5年)に対する介護費用は530万円(生命保険文化センター調べ)と言われています。掛けようと思えばいくらでも掛けられますが、家族の経済状態に合わせた費用内に収まるようにすべきです。

■車購入費・維持管理費

  • 買換えを長くする。10年以上乗る。また、中古車にする。夫婦二人の場合は、車2台から1台にするなど
  • 自動車購入から維持管理までのコストは、年間、1台あたり約32万円掛かる計算です・・・・32万円/年×30年=960万円 

<自動車購入&自動車の維持管理費の年間費用>
・車購入費:170万円÷10年≒17万円/年
・車検費用:10万円/1台÷2年=5万円/年
・任意保険料:5万円/1台
・ガソリン代:5,000㎞/15km/L×150円/L=50,000円/1台
合計32万円/年・・・一台当たり

■住宅のリフォーム

  • 見栄えを気にしないのであれば、引退した大工さんの活用もある。・・・⇒例:シルバー人材センターなど
  • 雨漏りは家が腐ってくるため修繕が必要ですが、単に外壁塗装の定期的(12年前後)な塗り替えはちょっと待つべきです。新築から老朽化して次の建替えまで、または空き家になるまでに約4回の外壁の塗り替え必要になります。150万円/1回×4回=600万円
  • 外壁自体の耐用年数は40年と言われていますので、雨水が滲入しないようにコーキングの打ち替えを10年~20年で済ませる方法もあります。但し、見栄えは悪いのは我慢ですね。
  • その外にも、お風呂、水洗トイレ、給湯器、シロアリ駆除など沢山ありますので、ライフプランとキャッシュフローの中で、優先順位を付けて見極めすることです。
  • 住宅のリフォームは、できれば、直接知り合いの大工さんに依頼することが、直営でしかも日当払いなので安く仕上がります。

■相続による支出

  • 配偶者が亡くなった場合、子供に対する遺産相続が発生する可能性があります。法定相続分の支出を覚悟しておく必要があります。残された配偶者の生活に支障とならないように事前に協議しておくことです。・・・<相続税の計算
  • 相続税の問題ですが、例えば、法定相続人が3人で、課税価格(現金、預金、宅地・住宅等)が4800万円以内の場合は相続税は掛かりません。それ以上ある方は、相続税を試算して事前にキャッシュフローに計上しておくべきです。

■まとめ

    節約するためには家計支出の優先順位を付けることが必要ですが、その優先順位はライフプランとキャッシュフロー(例:90歳まで)を作成の中で支出に余裕を持たせてください。

<トップページ>

Related post

  1. がん、心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞)などの三大疾病で働けなくなったと…

  2. 養老保険と個人年金保険の比較をシミュレーション!

  3. アパート経営は人口減少の中で将来性はあるのか、節税対策となるのか…

  4. 終身保険と定期保険の特徴と保険料払込総額の比較をエクセル計算で確…

  5. 収入保障保険(死亡年金)と終身保険(死亡保険金)のどちらを選択す…

  6. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告…

Recommend post

  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り戻せる!
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!

連絡

※「問い合わせ」を追加しました♪

カテゴリー

最近の記事

【プロフイール】
■名前:津田 晋
■出身地:宮城県石巻市
■資格:ファイナンシャル・プランナー
■年齢:シニア
■趣味:3DCG、野菜作り、デイトレ

Return Top