Close
  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り…
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!
  6. 60歳から65歳未満の繰り上げ支給の厚生年金(公務員の旧退職共済年金)…
  7. 外壁塗装やシロアリ対策などの住宅のメンテナンス(維持管理費)と点検時期…
  8. 離婚時の年金分割(3号分割・合意分割)の概要とシミュレーション!
  9. 日経平均株価とNYダウの暴落と債券(国債)利回りの低下と景気後退のシグ…
  10. 生命保険に入る前にちょっと待った!必要保障額をシミュレーション(エクセ…
Close

LIFE “ちえい蔵“

個別銘柄株やETF(上場投資信託)の利益確定をエクセル計算してみました!

ETF(上場投資信託)や個別銘柄株の利益確定ができる初心者向けのエクセルシートを作成しました。デイトレード(短期売買)取り引き向きで配当金は考慮していません。個別銘柄株やETF(レバレッジ型、インバース型など)に活用してください。

株やETF(上場投資信託)の取り引きは、各証券会社に口座を開設し取り引きを行う訳ですが、売買手数料や口座管理料も各社様々だと思います。また、確定申告の手間が省ける「特定口座」を開設し「源泉徴収あり」を選択すると、証券会社が本人に代わって確定申告する仕組みとなっています。どこの証券会社がいいかネットで手数料とか取扱い商品などを確認して決めるといいでしょう。

<日経平均株価>

■利益確定までのエクセル計算の流れ

  • 例題では、日経平均株価が下落している流れから、今後とも一定期間下落すると見込んで、日経平均株価が下落すると値上がりするインバース型(逆張り)ETFを購入するとしましょう。
  • 【解説】・・・例えば、ETFの特徴として日経平均株価が2%値上がりすると4%値上がりし、3%下落した場合は6%下落するレバレッジ型と、日経平均株価が2%値上がりした場合は4%下落し、3%下落した場合は6%値上がりするインバース型(逆張り)があります
  • 例題では、株価3000円のインバース型ETFを100株買付けしました
  • 【計算式】・・・取得費=買付代金+手数料=300,000+1620=301,620円となります
  • 数日後、日経平均株価が更に下落し、逆にインバース型ETFの株価が3500円になったので利益確定することにしました
  • 【計算式】・・・売却費=売却代金-手数料=350,000-1620=348,380円となります
  • 今回は、買付と売却は1回のみですが、実際の取引きでは買い増ししたり、一部売却だったり、様々ですので、計算の過程で「取引後の平均取得価額」を算出します。
  • 【計算式】・・・平均価格=(残株数の取得価格+取得費)/取引後の残株数=301,620/100=3016.2円となります
  • 次に、売却後の譲渡損益計算をします
  • 【計算式】・・・譲渡損益=売却約定代金-取得後の平均取得価格×株数-売却手数料=350,000-3016.2×100-1620=46,760円となります
  • 最後に、税率を控除した利益計算します
  • 【計算式】・・・利益=譲渡益×0.79685(税率20.315%控除)=46,760×0.79685=37,260円(税引き後)となります。
  • (注意)・・・「買い」、「売り」、「株価」、「株数」、買付け時の「手数料」、売却時の「手数料」は必ず入力してください。

<株式・ETFの利益確定のエクセル計算>

※個別銘柄、ETFの利益確定のエクセル計算

エクセル<株式・ETFの利益確定の計算

<買付の画面>

<売却の画面>

<詳細>

エクセル<株式・ETFの利益確定の計算

<解説>

  • エクセル計算するためには、取引時の「買い」と「売り」、買付時と売却時の「手数料」は、エクセルの「データ」⇒「データの入力規制」⇒「リスト」からセルのデータを選択するように作成します。詳しくは、「株式・ETFの利益確定の計算」をダウンロードすると理解すると思います。
  • 買付時と売却時の手数料の「定額」は、同様にリストから選択していきます。データについては、日興証券の仮の手数料を入力していますので、ご自身が取り引きしている証券会社の数値に入れ替えて使用してください。
  • 計算結果は概算ですので目安として活用してください。

<「データの入力規制」で情報入力したセル画面>

■まとめ

今回は、個別銘柄株とETF(上場投資信託)の利益確定の計算について記事化しましたが、色んなエコノミストの意見も私も同様ですが、2019年以降は景気後退して物価上昇だけが進む、いわゆるスタグフレーションが起きるのではと言われています。そうした兆候はいくつもある訳ですが、そんな中では株価や為替も大きく変動していきます。投資家は、そうした流動性の高い金融商品を好んでいるのかもしれません。

<トップページ>

Related post

  1. 景気後退(不況)のシグナルは米長期金利と米短期金利の逆転が教えて…

  2. 投資を始めたい方へ、踏み出す前に根ほり葉ほり

  3. 日経平均株価とNYダウの暴落と債券(国債)利回りの低下と景気後退…

  4. 個人向け国債(変動10年)!簡単に利益計算できます

  5. 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用益、実態は課税の繰り延べ!…

  6. 新型窓口販売利付け国債(新窓販国債)! エクセル計算でシミュレー…

Recommend post

  1. 膨大な国の借金(国債)返済のカラクリとハイパーインフレ!
  2. ライフプランで見えた興味ある記事ランキング!
  3. 平成31年度の公的年金(老齢基礎年金)とマクロ経済スライドの仕組み!
  4. 年金生活者の市県民税(住民税)が過大請求されている恐れあり、申告で取り戻せる!
  5. 信用創造がもたらす債券や株式などの金融商品のバブル崩壊と仕組み!

連絡

※「問い合わせ」を追加しました♪

カテゴリー

最近の記事

【プロフイール】
■名前:津田 晋
■出身地:宮城県石巻市
■資格:ファイナンシャル・プランナー
■年齢:シニア
■趣味:3DCG、野菜作り、デイトレ

Return Top